Information

2018.11.01

11/6-12/1 水越 武の「森の生活」開催のお知らせ。

Category:Information

ふげん社で2018年11月6日(火)~12月1日(土)に開催する水越 武 写真展『MY SENSE OF WONDER』に際して、Papyrusでは水越さんの北海道・屈斜路での生活を紹介する展示「水越武 森の生活」を同時開催いたします。

水越武さんは、1988年に北海道川上郡弟子屈町屈斜路に移り住み、それから30年間、道東の豊かな自然と一体となった生活をされています。

今回の個展で展示されている作品にも、いくつか屈斜路の自然を写したものがあります。

水越さんは、大自然に敬意をもって接し、溶け込み、一つ一つ自分の目で観察しながら、自らの感性にしたがい、大地を一歩ずつゆっくり踏みしめて歩んでこられました。

その暮らしぶりが、水越武という写真家のすべてを物語っていると言っても過言ではありません。

撮影を担当したのは、Papyrusラボ管理人の写真家、新納翔。

個展「MY SENSE OF WONDER」とあわせ、是非ご覧いただけましたら幸いです。

■開催概要

水越 武 写真展『MY SENSE OF WONDER』
2018年11月6日(火)~12月1日(土)

前期「水の音」:2018年11月6日(火)~17日(土)
後期「光の音」:2018年11月20日(火)~12月1日(土)

火-金 12時〜19時 / 土12時〜17時 / 日・月 休み

会場: コミュニケーションギャラリーふげん社
〒104-0045 東京都中央区築地1-8-4 築地ガーデンビル 2F
TEL:03-6264-3665 Mail:info@fugensha.jp

イベント:
11/10(土)14時〜
水越武×飯沢耕太郎ギャラリートーク+パーティ(参加費2,000円)

詳細ページ

[同時開催]
水越 武の「森の生活」(撮影・新納翔)
水越さんの北海道・屈斜路での生活を取材した写真を展示します。
会場:デジタルラボpapyrus

■撮影担当
新納 翔 Sho Niiro
1982年横浜生まれ。 麻布学園卒、早稲田大学理工学部にて宇宙物理学専攻するも奈良原一高氏の作品に衝撃を受け、5年次中退、そのまま写真の道を志す。2009年より中藤毅彦氏が代表をつとめる新宿四ツ谷の自主ギャラリー「ニエプス」でメンバーとして2年間活動。以後、川崎市市民ミュージアムで講師を務めるなどしながら、消えゆく都市をテーマに東京を拠点として撮影を続け現在に至る。新潮社にて写真都市論の連載「東京デストロイ・マッピング」を持つなど、執筆活動も精力的に行なっている。写真集『PEELING CITY』を2017年ふげん社より刊行。

ライター

パピルスinfo

パピルスinfo

Archive

Contact